【NHKラジオ】2022年度のアナウンサー・番組はどうなる?

NHKは、新年度・2022年度の番組ついての情報を発表しました。世間では、テレビ番組に焦点があてられますが、当ブログ管理人はNHKR1のヘビーリスナーであるため、NHKラジオ第1(NHKR1)のラジオ番組に注目いたします。当記事では、新年度に番組はどのように変わるの見ていきます。

以下、第一に番組編成について、第二に新キャスターについて述べます。

目次

「歌え!土曜日 Love Hits」終了、同時間帯は「とれたて音楽館」に

音符

土曜日・午後0時30分~55分の番組について、改編があります。

「歌え!土曜日 Love Hits」が終了

新井恵理那さんが担当していた、「歌え!土曜日 Love Hits」が終了します。最新のJ-POPを紹介する番組でした。放送時間を変えながらも、結構、長く続いた番組だったと思います。

この番組の特徴は、比較的、若い世代を対象としていたように感じます。ここ最近は、「ひるのいこい」の後に放送だったので、聴取者の年代に鑑みて、放送時間が悪いなあと思っていました。

「とれたて音楽館」はどんな番組

「歌え!土曜日 Love Hits」終了に伴って、「とれたて音楽館」が放送されます。どんな番組なのでしょうか。NHKの説明を引用します。

演歌・歌謡曲、フォークなどを中心に、叙情感あふれる最新曲と、それらの曲を歌い上げる音楽家にスポットライトを当てる音楽番組。

「とれたて音楽館」は、若者のみならず、年配の方も対象とする番組となりそうです。「歌え!土曜日 Love Hits」を引き受けつつも、多くの年代の方が楽しめる番組となるのではないかと思います。

担当(館長)は、徳田章アナウンサーです

となると、「歌パラ」はどうなるの、ということが疑問としてでてきます。

「イチオシ歌のパラダイス」終了

日曜日・午後1時台に放送されていた「イチオシ歌のパラダイス」は、終了となります。

「歌パラ」は、歌謡曲を中心に取り上げられていました。もしかしたら、「歌パラ」の内容についても、「とれたて音楽館」に引き継ぎということになるのかもしれません。

「歌パラ」は、新型コロナの影響を大きく受けた番組だと思います。なかなか、歌手の方がスタジオに来れないこともありました。

クイズイマジネーター終了、木曜21時台は「あさこ・佳代子の大人なラジオ女子会」に

木曜日の午後9時台の番組が変わります。

「中山秀征のクイズイマジネーター」は終了

木曜日の午後9時台放送の聴取者参加型の番組・「中山秀征のクイズイマジネーター」は終了となります。「中山秀征のクイズイマジネーター」番組でした。

紅白にわかれてクイズをするというような番組で、ももクロの高城れにさんがよく出演されていました。

双方向型のクイズ番組で、ラジオらしい番組でした。

「あさこ・佳代子の大人なラジオ女子会」が引っ越し

木曜午後9時台は、「あさこ・佳代子の大人なラジオ女子会」が放送されることになります。2021年度秋の改編より、放送が始まりました。

これまでは、土曜日午後4時台放送でしたが、上半期はプロ野球中継があるので、引っ越しということになります。事実上のレギュラー化ということになります。

女子会ですが、私のような「男子」もこそっと聞いております。

「ヤバイラジオ屋さん」はFMに、火曜・20時台は「アニメ・スカラー」に

クエスチョンマーク

火曜日・午後8時台の番組が変わります。

「ヤバイラジオ屋さん」はR1からFMに引っ越し

2021年度は、R1の午後8時台に放送されていた「ヤバイラジオ屋さん」。ヤバイTシャツ屋さんの方々による、にぎやかな番組です。

R1の番組時刻表に記載がなく、まさか終了と思っていたら、FMの番組表に記載がありました。「ヤバイラジオ屋さん」はR1からFMへ引っ越しとなります。

「ヤバイラジオ屋さん」は、FM放送で、日曜日・午後9時台の放送となります。

R1の火曜日午後8時台は「アニメ・ステラー」に

火曜午後8時台は、「アニメ・ステラー」が放送されます。ラジオでアニメ?一体どういうことだ、、と思いましたが、どんな番組なのか、NHKの説明を見ます。

日本が誇るアニメ文化について、その独特の発展の秘密を掘り下げるとともに、未来に語り継ぎたい作品についてじっくり語り合う番組。

この説明を見て、理解できました。日本のアニメ文化について語る番組のようです。

MCは、サッシャさんと亜咲花さんです。

アニメといえば、2021年度はあにげっちゅが放送されていましたが…。

「あにげっちゅ」終了

やはり、さすがに、R1でアニメ関連の番組を複数放送することはないようです。

「あにげっちゅ」は終了となります。「あにげっちゅ」は、2021年度より、担当者が一部交代して再スタートしましたが、残念ながら、短くして終了するようです。

「鉄旅・音旅 出発進行!~音で楽しむ鉄道旅~」は土曜10時台に、金曜20時台は「ジャーナルクロス」などに

観光客

金曜日・午後8時台の番組が変わります。

「鉄旅・音旅 出発進行!~音で楽しむ鉄道旅~」は土曜日午前10時台に引っ越し

鉄道の音を楽しむ鉄道番組、「鉄旅・音旅 出発進行!~音で楽しむ鉄道旅~」は、金曜日・午後8時台から土曜日・午前10時台に引っ越しとなります。

「てつおと」は、今年度に放送時間が変わったばかりです(月曜から金曜に)。またまた、放送時間がかわります。「山カフェ」に続く放送となります。

NHKの資料によると、「山カフェ」と「鉄音」は、全国向けの地域番組という位置づけになっているようです。こうしたことが、「てつおと」の放送時間移動の背景にあるものと見れれます。

なお、久野さん代わり、STU48の瀧野由美子さんが、土屋さん・野月さんとMCを担当されます。

金曜日・午後8時台は「ジャーナルクロス」などが放送される

金曜・午後8時台は、週替わりで様々な番組を放送するということです。NHKは以下のように説明しています。

ニュースをせき止めて特集する「ジャーナルクロス」(年10本程度)。10代の悩みにこたえる「ラジオ保健室」、ひきこもりの人たちと一緒の時間を共有する「ひきこもりラジオ」など、さまざまなニュース・社会問題に向き合う番組を週替わりで放送します。

「ジャーナルクロス」は、新番組です。ニュース番組でしょう。担当は、佐藤俊吉アナウンサーと八田知大アナウンサーです。

そのほか、これまで、特番として放送されていた、「ひきこもりラジオ」(これまで通り栗原望アナウンサー担当)や性についても取り上げていた「ラジオ保健室」(ブルボンヌさんと山田朋生アナウンサー担当)、「キクコトノミライ」大橋拓アナウンサー担当)といった番組も放送されるようです。

平日16時台は「にっぽん列島夕方ラジオ」

吹き出し

これまで、R1の午後4時台は、一部地域を除いて、FMの番組の再放送がなされていましたが、2022年度からは、午後5時台と同様に「にっぽん列島夕方ラジオ」を放送するようです。

地域放送局から全国に向けて地域情報を発信する番組「にっぽん列島夕方ラジオ」の放送時間を拡大。午後4時台は大阪拠点放送局から関西の情報を中心にお届けします。

要は、BK発の「関西ラジオワイド」が、午後4時台に、全国に放送されるようになるということでしょう。私自身、関西在住で、「関西ラジオワイド」も毎日聞いていますので、うれしいです。


また、地域情報に関連して、「ごごカフェ」内で放送されている「列島リレーニュース」が拡充となるようです。どのように拡充されるかはわかりませんが、ニュースの項目が増えるのかもしれません。


次に、番組は変わりませんが、キャスターが交代する番組を紹介します。新キャスターを紹介します。

「マイあさ!」三宅アナ交代、阿部アナが新たな担当に

男性ニュースキャスター

朝の情報番組「マイあさ!」ですが、三宅民生アナウンサーが交代となります。まもなく70歳ということで、早朝の番組はなかなか大変だったとお察しします。ありがとうございました。

三宅アナウンサーの後任は阿部渉アナウンサーとなります。なお、これまで通り、前半の放送は、田中アナウンサー担当です。

また、久保田明菜キャスターが交代です。久保田さんには、お便りを読んでいただいたことがあります。ありがとうございました。後任は、星川幸キャスターです。列島リレーニュースで聞いたことのある名前です。

また、三橋大樹アナウンサーが交代となり、関根太郎アナウンサーが後任となります。マイあさの時間帯に加え、午前中(一部)のラジオニュースを担当することになります。

土日の「マイあさ!」など、その他は、現時点で交代の情報はありません。

「ごごカフェ」金曜日のみ柘植恵水アナ

「ごごカフェ」が少し変則的となります。月曜から木曜日は、これまで通り、武内陶子アナウンサーが担当ですが、金曜日のみ柘植恵水アナウンサーが担当となります。

「午後まり」の編成を思い出します(山田まりやさんは、今どうしているでしょうか…?)。

なお、柘植アナウンサーは、2021年、武内アナウンサーが夏休みをとっていたとき、「ごごカフェ」の店長代理をつとめていました。

「NHKジャーナル」武田アナ交代、打越アナが担当に

「NHKジャーナル」のキャスター、武田涼介アナウンサーが交代です。2年間、ありがとうございました。武田アナウンサーの後任は、打越裕樹アナウンサーとなります。

ニュースデスクなど、その他は、これまで通りです。

「ラジオ深夜便」二宮アンカーが交代、山本哲也アナがアンカーに就任

「ラジオ深夜便」は、大ベテラン・二宮正博アンカーが交代となります。水曜日の午前3時・4時のラジオニュースは、引き続き担当されるということです。新たに、山本哲也アナウンサーがアンカーに加わります。

その他のアンカーの交代はありませんが、金曜第3週は、関西各局のアナウンサーがアンカーを担当することになるようです。住田アンカーの担当が、第1金曜のみとなります。

ちなみに、4月15日金曜日(初回)は、大阪局の比留木剛史アナウンサーが担当されると、番組内で住田さんが言っていました。

「高橋源一郎の飛ぶ教室」小野アナが交代、磯野アナが担当に

金曜日の午後9時台に放送される「高橋源一郎の飛ぶ教室」。新年度も変わらず放送されますが、担当アナウンサーが小野文恵アナウンサーから、磯野佑子アナウンサーに代わります

「ちきゅうラジオ」は、リアド慈英蘭さんと中村慶子アナが担当

「ちきゅうラジオ」は、堀口ミイナさん、杉嶋亮作アナウンサーともに交代です。ミイナさん、子育てをがんばってください。

後任は、リアド慈英蘭さんと中村慶子アナウンサーとなります。リアド慈英蘭さんは、ミイナさんが育休中に「ちきゅうラジオ」を担当されていました。

R1でのそのほかの改編情報

注目情報は、上に記したので、あとは簡潔に記します。

「真打ち競演」「NEXT 寄席」(月1回)は、土曜日・午後1時台の放送にかわります。

松村邦洋さんら担当の「DJ日本史」「発掘!ラジオアーカイブ」(月1回)は、日曜日の午後1時台の放送となります。「DJ日本史」の放送枠が、少し減ることになります。

なお、「発掘!ラジオアーカイブ」は、後藤康之アナウンサーの後任として、中村慶子アナウンサーが担当となります。

加えまして、「らじらーサタデー」の10時台を担当していたTravis Japanは、留学にともなって、降板となります。

R1以外の注目情報

これまで、NHKR2・ラジオ第2の午前6時台の放送されている基礎英語R2とFMの同時放送になります。

FMは、比較的、音質がよいので、きれいな英語を聞けるようになるでしょう。

しかし、私が注目している理由はそこではありません。

これは、将来的(2025年予定)に、NHKの音声(ラジオ)波が2波になります。これを見据えて、基礎英語をFMでも放送するようになったのです。FMでの基礎英語の放送は、音声波が2波にしていくための前段階なのです。

最後に

以上、新年度・2022年度のNHKラジオ第1の番組改編について見てきました。

2022年度も、大きな番組の改編は見られません。ただ、2021年度と比べて、キャスターの交代は多い気がします。

新年度・2022年度のNHKR1の番組のヘビーリスナーでありたいと思っています。


参考資料
2021年度 放送総局長記者会見要旨(2月)
2022年度国内放送番組編成計画、別表放送番組時刻表・前期