NHK大津のラジオ放送はAM945kHz!県内のニュースも有

AMラジオ945kHz

滋賀県の皆さまで、NHKラジオを聞かれる方は、どこに合わせているでしょうか。AMならば、666kHzか945kHzなのかと思います。ただ、666kHzに合わせている方(ー県南部の方が多いだろうー)は、もしかしたら、「なぜ、滋賀県内のニュースや気象情報の放送がないのか」と疑問に思われているかもしれません。県内のニュース等を聞きたい方は、945kHzに合わせてみましょう。

ラジオの周波数について

NHKのホームページに、ラジオの周波数ガイドというのが掲載されています。そこには、滋賀県内のラジオ周波数について、以下の通りに書かれています。

AM(周波数はkHz)

局名ラジオ第1ラジオ第2
彦根945
大阪666828

FM(周波数はMHz)

局名NHK
大津84.0
山東83.1
信楽88.9

AMは電波が広くとびますので、送信所は県内には1カ所しかありません。一方、FMは電波があまり広くはとびませんので、県内には1カ所の送信所と2カ所の中継所があるのです。

以下、もう少し、詳しく見てゆきます。

【AM】県内のニュースは945kHzで

滋賀県

滋賀県内においてNHKのAM放送で、県内のニュース等を聞きたい方は、ぜひ、945kHzにあわせましょう。945kHzは彦根の送信所から電波が送られています。

滋賀県南部の方は、おそらく、666KHz(大阪)に合わせる方が多いのではないかと思います。が、関西という広域のニュース等しか放送されません。

彦根から少し遠い滋賀県南部でも、945kHzは、きれいに入りますので、ローカルニュースを聞きたい方は、ぜひ、お試しいただければと思います。

ただ、放送回数が極めて少ないのです。放送は、なんと、平日の1日1回です。時間は、18:50から19:00までです。この時間帯に、県内の交通情報・ニュース・気象情報が放送されます。

放送は、基本的には、大津局のキャスターかリポーター(契約キャスター)が担当されます。リポーターのニュース読みは、このラジオ放送でしか聞けません。

【AM】無駄な政見放送を聞きたくない方も945kHzで

男性ニュースキャスター

666kHzに合わせていると、通常番組が中断され、どうでもよい選挙の政見放送が流れることがあります。666kHzは、関西の広域向けの電波なので、有権者ではない、全く関係のない選挙の政見放送が流れるのです。それを聞きたくないという方も、ぜひ、945kHzに合わせましょう。

945kHzは、完全に、滋賀県内向けですので、他府県の政見放送は、原則、流れません(例外あり)。

コールサインを聞けます

吹き出し

AM945kHzや県内のNHK-FMに合わせると、1日3回(5時・正午・19時)、「JOQP」というコールサインを聞けます。例えば、県内のAMラジオ・945kHzの場合は、「JOQP、NHK大津第一放送」と述べれれます。

田代純アナウンサーのお声です。

実は、新放送会館の運用が始まる前(2021年4月中旬)までは、なぜか、AM、FMともに、コールサインが「JOBK」(大阪)と同一だったのです。

私としては、早期に、改善していただきたいと思っていたのですが、ようやく、「JOQP」という独立したコールサインが放送されるようになりました!

【FM】についても簡単に

ラジオ

大津・山東・信楽の各送信所・中継所から発せられるFM波についても、もちろん、県内のニュース等を聞くことができます。

時間は、AMと同様、18:50から19:00までです。平日のみ1日1回の放送です。AMにおける県内のニュースと同時放送となります。

そして、大津局制作のラジオ番組も、月1回放送されています。毎月第3金曜日・18:00から18:50に放送されています。番組名は、「しが!!防災応援ラジオ」です。個人的には、防災川柳のコーナーが好きです。

実は、滋賀県、近年は、大きな災害に見舞われていません(最近、被害をもたらしたのは2013年の台風18号くらいか)。しかし、滋賀県においても、いつ、どこで自然災害に見舞われるかは、わかりません。そのため、防災というのは非常に大切だと思います。

防災にかなり詳しい大山アナウンサーは大阪局に異動となりましたが、今後とも、倉沢アナウンサーが中心となって、ぜひ、「しが!!防災応援ラジオ」の放送を続けていただきたいと思います。

最後に

NHKのAMで滋賀県内のニュース等を聞きたい方は、ぜひ、945kHzに合わせてください。平日のみ1日1回放送があります。

また、私の記憶では、特別警報が初運用され、県内でも発令された2013年の台風18号のときは、大津局からも特設で台風情報を放送していたと記憶しています。

台風が来た時なども基本的には大阪局からの放送ですが、あまりに甚大な被害が想定され、即座に命を守る行動をせねばならない災害が発生する可能性がある場合は、大津局からの特設放送が今後もあるかもしれません。

最後に1つ。NHK徳島も945kHzを使っています。関西の西の地域に行くほど、彦根の945kHzは聞きづらくなると思いますので、頭の片隅に入れていただければと思います。