ん??都知事選に、前の参議院選滋賀選挙区に出馬した服部修氏が…

文字と投票箱

ボーっとニュースを聞いていたら、東京都知事選挙について耳に入ってきました。さらに聞いていると、諸派の新人・ミュージシャンの「服部修(はっとりおさむ)氏」という名前が聞こえてきました。滋賀県民の私は、何か聞いたことがある名前だなと思い、調べてみますとやはりそうでした。

参院選滋賀選挙区に出馬していた!

そうです。
服部修氏は、2019年の参議院選挙に滋賀県選挙区でNHKから国民を守る党から立候補されていた方です。

私は滋賀県民ですので、2019参議院選滋賀県選挙区の有権者でした。したがって、服部修氏の名前も聞いたことがあったのです。

それはさておき、
私自身、政治に興味があるので、当時、政見放送ももちろん確認しました。服部氏の政見放送で驚いたのは、スーツではなく袴を着ていたことです。ただ、話している内容は、きっちりしていた(パフォーマンスのようなものがなかった)ので悪い印象は抱きませんでした。主に、NHKのスクランブル放送のことを話していたと記憶しています(N国の方ですからねー)。

都知事選に立候補!?

そして服部氏は、2020年の東京都知事選挙にNHKから国民を守る党から推薦を得て立候補されました。

都知事選告示前に、N国の推薦で、立花氏と齊藤氏が立候補するとは聞いていました。ただ、服部氏も都知事選に立候補するという報道はなかったので、驚きました。まさかN国の推薦者3人が立候補するとは全く思っていませんでした。


私は、服部氏の、マニュフェストなどを確認しておりませんので、どのような政策を訴えているのかわかりません。というか、私は東京都民ではなく、滋賀県民ですのでマニュフェストを確認する必要は全くないのですが…。

いずれにせよ、供託金を支払い(そしてそれが没収されるリスクがあるのに)立候補するということは本当にすごいですよね。

最後に

当ブログは滋賀県の情報を発することを主な目的としているため、(私はNHKから国民を守る党についての知識は微塵もありませんが、)今回は東京都知事選挙候補者から滋賀県と関係のあった方を紹介しました。

滋賀県民の方々は、ぜひとも、一度、服部修氏のお名前を都知事選挙の候補者リストから確認してみてください。

服部氏については以上です。

最後です。東京都民の方は、投票に行ってください
投票率が50%を下まわると、民主主義の原則が機能しなくなると、私は考えます。東京都知事選挙では、たびたび投票率が50%を下まわるゆゆしきことが起きています。今回の選挙は、新型コロナウイルス対策という極めて明確な争点があるものの、やはり、投票率が気がかりなところです。