大学生はジムに通おう。運動不足解消などメリットは多々ある。

ランニングマシーンと文字

皆さん、運動不足に陥っていませんか。当ブログ管理人は大学生になってから、運動不足になりました。そのため、最近、トレーニングジムに通っています。私と同じように、大学生になってから運動不足に陥る人は少なくないと思います。運動不足解消のためにトレーニングジムに行くのもよいのではないでしょうか。

※当記事は、各筋肉の鍛え方については掲載していません。

大学生がジムに通うメリット

ダンベルを持ち上げている

では、大学生がトレーニングジムに通うメリットを紹介します。トレーニングジムに通っており、かつ大学生である当ブログ管理人が考えます。

運動不足解消

大学生になると運動不足になるという人は少なくないと思います。運動不足は健康に良いか悪いかは言うまでもありません。老後のことも考えておくと、運動不足は解消しておくべきです。

家でも運動できるじゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際なかなか続きません。また、運動に集中することも難しいと思います。

運動するためにお金を払って、ジムに行くほうが継続できます。お金をあらかじめ払ってジムに行くと、運動を継続するインセンティブが働きます。

筋肉をつけられる

筋肉と話す人

もちろん筋肉のあるなしで社会的な評価が変わることはありません。ただ、やはり筋肉があるほうがいいのではないでしょうか。

筋肉があれば周りの人から羨ましい目で見られますし、日常生活においても支障が少なくなります。

大学生はほかの世代に比べ出会いが多いはずですので、理想の体型をつくるためにジムに通うというのもありです。

周りの人の存在

周りの人が頑張っていたら、自分も頑張ろうという気持ちになれます。一人で黙々と運動をするよりも大きな刺激が得られます。

周りの人のトレーニングを盗むということもできます。物は盗んではいけませんが、よいトレーニング方法などは盗んで自分の者にしましょう。

また、自分が倒れてしまったとき、すぐに助けを求められます。もしものためにも、周りの人の存在は役に立ちます。

私がジムに通い始めた理由

why

私は、中学・高校時代にかけて、部活動としてサッカーをしていました。サッカーは運動量が多く、結構大変でした。

一方、大学生になると、運動をする機会が少なくなりました。あえて言うと、朝のラジオ体操と自宅から大学間の自転車通学くらいしか運動はしていませんでした。朝のラジオ体操約10分と、自宅から大学間の自転車による往復約50分を足しても、約60分しか運動していないことになります。

60分も運動をしていたら十分だとお思いかもしれませんが、どうも私の身体は受け付けませんでした。いわゆる運動不足です。

運動不足を解消するため、そうこうしているうちに近所にトレーニングジムができることを知りました。私の父親が一緒にジムに入会しようと誘ってくれたので、ジムに入会しました。実は、自分からすすんでジムに行こうと思っていたわけではなく、父親からの誘いでジムに行ったということになります。

実際、ジムに行くと結構楽しく、今も運動不足解消のために通っているということになります。

体組成計にのってみた

体組成計に乗ってみました。私のデータの一部を公開します。順次、更新することとします。

日にち体脂肪率筋肉量基礎代謝量BMI
2019/8/712.0%47.7 kg1449 kcal22.3

最後に

トレーニングジムに行くことのデメリットとしてお金がかかることが挙げられます。しかし、デメリット以上のメリットをジムに通うことにより得られると私は確信しています。賛同していただける方は、ぜひ、ジム通いを始めていただきたいと存じます。