滋賀県民は、「すのこ」のことを「みざら」と言う

みざら

滋賀県民は、「すのこ」のことを「みざら」と言います。実は、当ブログ管理人(滋賀県民)も、最近まで「すのこ」という言葉を知りませんでした。「みざら」が全国共通と思っておりました。ということで、今回は、「みざら」という言葉について記します。

改めて「みざら」って?

下駄箱とすのこ

滋賀県民は、「すのこ」のことを「みざら」と言います。木材を角材に打ち付けたあれです。下駄箱などでよく見かけると思います。

ここで気になるのは、なぜ滋賀県民は、「すのこ」のことを「みざら」と言うのかということだと思います。実は、私もよくわかりませんでしたので、少し調べてみました。

まず、複数の辞書で「みざら」と引いてみましたが、残念ながら解説はどれ一つ載っていませんでした。仕方がないので、次に、インターネットで「みざら」と検索すると以下のような解説が出てきました。引用します。

水皿(みざら)とは、畳の面と同じ高さに作られた、竹の簀子(すのこ)の入った流しをいいます。水皿は、直径三乃至五分位の丸竹を詰め打ち張りにした簀子を、銅板を舟底形に加工した落しの上に、取り外しができるように据えたものです。

「茶道入門」HPより引用

茶室における水屋にあるということでした。

以上のことを踏まえると、滋賀県民が「すのこ」のことを「みざら」と言う理由がなんとなくわかったような気がします。推測にはなりますが、「みざら」の上の敷く「すのこ」をも、滋賀県民は「みざら」と言っていたということになるのではないでしょうか。したがって、滋賀県民は「すのこ」のことを「みざら」と言うようになったと推測します。

他の地域に伝わるの?

滋賀県

当ブログ管理人は、「みざら」は全国共通の言葉だと思っていました。しかし、どうやら、他都道府県の人たちは、「みざら」とは言わず「すのこ」と言うようです。すなわち「みざら」は滋賀県以外の他の地域では伝わりません。実際、滋賀県のお隣、京都府の知人も、「みざら」とは言わず「すのこ」と言っていました。

お隣三重県も特殊

ひらめき

ところで、インターネットで、「すのこ」について調べていると、名古屋・三重方面では、「すのこ」のことを「ざら板」ないしは「さな板」ということがわかりました。ネット情報なので、怪しいと感じ、三重県出身の知人に聞いたところ、「すのこ」のことを、三重県では「ざら板」と言うとのことでした。ただ、三重県全域で「ざら板」が通じるのかはわかりませんが…。

滋賀県のお隣の三重県も「すのこ」のことを、特殊な言葉を使って表現しておられることに、滋賀県民の一人として少し安心しました。

わたしの「みざら」に関する気恥ずかしい体験

吹き出し

なぜ、私が、「すのこ」という言葉を知ったのかについて述べておきます。

それは、京都で仕事(単発アルバイト)をしていたときの経験です。私が担当していたのは、某施設の下駄箱での案内係です。その際、「すのこ(みざら)」から、釘が出っ張っているという苦情がありました。その旨を他のスタッフに伝えるときに、「みざらから釘が出っ張っている」と私は、述べました。しかし、仕事場は京都です。周りも京都人です。皆、「みざら」という言葉を理解できません。仕方がないので、私は、「玄関の床に敷いているもの」と説明したところ、相手方(京都人)は「あー。すのこのことね。」と答えてくれました。

後で聞いたところ、京都では「みざら」という言葉は使わないと説明してくれました。私は、田舎者丸出しだったことに、恥ずかしいと思ったと同時に、カルチャーショックを受けました。

最後に

この記事を書きながら、小学校5年生の時の、昇降口掃除を思い出していました。昇降口掃除の担当教員が、学校一怖い先生だったからです。「みざらを上げろ!!」と言っていた先生の声が今でも思い出されます。

京都で「みざら」という言葉を使って恥ずかしい経験をしたということは前述のとおりですが、わたしは、「みざら」という言葉に誇りを持っています。滋賀県、とりわけ南部では転入者が多いですが、「みざら」という言葉が廃れることだけはないことを祈ります