滋賀ナンバーの車は「ゲジゲジナンバー」と揶揄される…

夜の車

京阪神の一部の方々は、滋賀ナンバーの車を見るや否や、「ゲジゲジナンバー(ゲジナン)」と心の中でからかっているようです。滋賀県民の私は、そのように揶揄されても全く気にしませんが、やはり、気にする人は少なくないとおもいます。今日は、「ゲジゲジナンバー(ゲジナン)」についての記事です。

なぜ「ゲジゲジナンバー(ゲジナン)」

滋賀のナンバープレート

京阪神の一部の方は、滋賀ナンバーをゲジゲジナンバー(ゲジナン)と揶揄します。なぜ、ゲジナンなのでしょうか。なお、ゲジゲジとは、ご存知の通り、脚が多くて、細長い虫です。

※ゲジゲジナンバーの略称は、ゲジナンです。

滋賀のナンバープレート

滋賀ナンバーがゲジナンと揶揄される所以は、「滋」という字の「幺」の部分が、ゲジゲジに似ているからです。確かに、「幺」という字を見ると、ゲジゲジが想起されるような気もします。

ゲジゲジの写真と照合

ゲジゲジと滋賀ナンバーを見比べてみましょう。ゲジゲジは、左上の画像に示しているように、脚が多数あり、細長い虫です。実際に、ゲジゲジと「幺」を見比べてみますと、似ているような似ていないような…といった感じがします。確かに、細長いということは、ゲジゲジと「幺」の共通点ですが…。

まあ、とにもかくにも、他都道府県のナンバーで、ゲジゲジと似ているものはありませんので、滋賀ナンバー=ゲジナンということにしておきましょう。

滋賀ナンバー=イナズマナンバーとの声も

滋賀の「幺」の部分は、稲妻に似ているとの指摘もあります。それ故、滋賀ナンバーをイナズマナンバーと言われることもあります。個人的には、滋賀ナンバーをゲジナンと言われるより、イナズマナンバーと言われるほうが良い気はしますね。

ちなみに、滋賀県出身のミュージシャン、西川貴教氏が烏丸半島で開催しているイナズマロックフェスの由来は、ここから来ています。

揶揄されても気にするな

滋賀県

最後に、1つだけ指摘しておきたいと思います。滋賀ナンバーをゲジナンなどと揶揄されても気にする必要は全くありません。ゲジゲジはムカデとは異なり毒がないことはもちろん、むしろ、ゴキブリなどを捕食する益虫なのです(滋賀ナンバーをムカデナンバーと揶揄されたら、抗議すると思います)。

かといって、誇る必要もありませんが、このように揶揄されるナンバーは意外と希少ですので、ポジティブに受けとめてもよいのではないでしょうか。

「びわこナンバー」?

最近、滋賀ナンバーがゲジナンなどと揶揄されることから、びわこナンバーに変更してしまおうという意見もあります。しかし、当ブログ管理人は、そのようなことをする必要はないと思います。理由は上記の通りでありますが、そのほかに、手続きが大変、費用を要するといったこともあります。また、「びわこナンバー」にすることにより、県民の滋賀に対する意識の高揚といった効果は、確かに期待できます。しかし、今は、琵琶湖の図柄が入ったご当地ナンバープレートもありますので、「びわこナンバー」にこだわる必要はないと思います。