滋賀県初出店、コナズ珈琲大津店がナフコ近くにオープン予定

コナズ珈琲大津店新築工事看板

夕照の道をママチャリで走っていたら、上のような看板が…。「コナズ珈琲大津店新築工事」という文字。なんと、コナズ珈琲(Kona’s Coffee)が大津に滋賀県初出店するようです。コナズ珈琲といえば、丸亀製麺などを展開するトリドールホールディングスが運営しています。日経新聞で、コナズ珈琲については見たことがあるのですが、滋賀県在住の私はもちろん行ったことがありません。調べてみました。

コナズ珈琲大津店の場所は?

コナズ珈琲大津店は、「ナフコツーワンスタイル滋賀大津店」とその中にある「ヤマダ電機テックランド大津玉野浦店」の駐車場内(敷地内)にオープンする予定です。大規模な駐車場ですので車の方も安心して訪れることができそうです。もう少し、詳しく位置を示すと以下のようになります。夕照の道(琵琶湖・瀬田川)側にコナズ珈琲大津店が造られる予定です。

コナズ珈琲大津店の場所の詳細

近隣には、マクドナルド大津玉野浦店や滋賀県立琵琶湖漕艇場(現在改修工事中)、瀬田川病院やアヤハディオ瀬田店などがあります。

滋賀県初出店

実は、コナズ珈琲は滋賀県初出店です。今のところ現地に看板があるのみですが、公に出店のことが発表されると、話題になるかもしれませんね。

オープン予定日は、現在のところわかりませんでしたが、工事の事業期間が2020年11月25日とされていました。したがって、推測となりますが、早くて12月頃にオープンするのではないかと見ています。

では、日本のどの地域にコナズ珈琲が多いのでしょうか。調べてみましたところ、全国各地に点在している形で、一部地域に店舗が集中しているといったことは認められませんでした(ただし、北海道・東北・中国地方は現在店舗はない)。

なお、「コナズ珈琲守山店」がありますが、この店舗の立地は、滋賀県守山市ではなく愛知県名古屋市守山区ですので、ご注意ください。

コナズ珈琲とは

ロコモコ
イメージです

滋賀県民の方は、コナズ珈琲について馴染みがないと思います。当ブログ管理人も、日経新聞にて名前を聞いたことがありますが、実際に行ったことはありません。コナズ珈琲について、簡単に説明しておきます。

まず、コナズ珈琲は丸亀製麺などを展開するトリドールホールディングスが運営しています。丸亀製麺は、滋賀県内にも多数の店舗がありますね。

では、具体的に、コナズ珈琲はどのようなお店なのでしょうか。公式ホームページには、以下のように記されています。

いちばん近いハワイの食卓

日常をちょっと忘れて、今からハワイに感じにきてみませんか?
Kona’s Coffeeは今日も、とびきりのハワイをご用意してお待ちしています。(後略)

公式ホームページより引用

上の文言を見てわかる通り、コナズ珈琲はハワイにこだわっているようです。ハワイ料理はもちろん、外観もハワイのような空間の如く仕立てられています。

ちなみに、コナズ珈琲の店舗名には、「Kona’s Coffee Hawaiian pancake Cafe」というように、ショルダーネーム(Hawaiian pancake Cafe)を見ても、ハワイにこだわっているということがわかります。

吹き出し

メニューを見てもおいしそうなものばかりです。ハワイにおけるスイーツパンケーキやロコモコ等のディッシュ、さらにハンバーガーなどがあります。そして、もちろんコーヒーもあります。コーヒーも数種類あり、自家焙煎しているようです。詳しくは、公式ホームページのグラウンドメニューの欄に詳しく載っています。

公式サイト:「コナズ珈琲」(外部リンク)

終わりに

いかがでしょうか。私を含め多くの人は、ハワイ料理に馴染みがないと思います。ハワイ料理を楽しみたい方は、ぜひ訪れてみてください。また、カフェということになりますので、コーヒーを楽しみに行くのも良いかと思います。オープンしたら、私も、ぜひ、訪れたいと思います。